海外先物取引・海外先物オプション取引

海外先物取引業者の中には、顧客の注文を海外の商品市場へ取り次いでいるかどうか疑わしい業者も存在します。海外先物取引業者と取引をしていて、不審な点があるという方、若しくは損害が発生してしまったという方は、泣き寝入りをせず、相談されることをお勧めします。

海外先物取引の問題点として
  • 顧客の注文どおりに、海外市場へ取次ぎがなされていない。
  • 架空の相場を用いて損金を発生させられている。
  • 清算時に、仕切り拒否をされる。
  • 顧客を強引に営業所に連れて行き、無理やり契約を迫る。
  • 消費者金融からの借入を強く勧める。
海外先物オプション取引の問題点として
  • 顧客の注文どおりに、海外市場へ取次ぎがなされていない。
  • 海外市場の先物オプション取引は、価格などが新聞等の一般の公刊物には掲載されておらず、情報収集が難しい。
  • 取引の仕組み自体が複雑で、理解が困難と思われる抽象的・技術的概念も多く、一般人にはこれを理解することが困難である。
  • 手数料が高額なため、利益を出すためには取引でよほどの利益を上げなくてはならないことを説明されていない。